FC2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く本川町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

第2回目の講話茶会やりますよ




3月に開催された
中国茶の姫茶伝さんとの
コラボイベント『講話茶会』
好評につき
第2回目を開催します!



令和元年8月31日午後13時半から15時半
会費2500円(資料とお茶代込み)
会場は姫茶伝さんです☆




今回は…




漢字のはじまりから
ひらがなが誕生するまでの
文字の歴史を
甲骨文字が発見された
河南省のお茶と一緒に
楽しみましょう




さらに!
「どれが正しい『令和』の書き方?」
の疑問にもお答えする
コーナーもありますよ~







※お申込:姫茶伝 082-877-0078

姫茶伝:https://www.himechaden.com


お店周辺にはコインパーキングはありますが
台数が少ないので
公共交通機関のご利用をおススメします☆

~~~~~~~~~



ぱんだ先生が
『日本国内ではなかなかお目にかかれない
マニアな中国茶を飲んでみたい!』
という野望を叶えるべく
姫茶伝のオーナーさんに
書とお茶のコラボを持ちかけた…
というこの企画




漢字の歴史を知りたい方
河南省のお茶を飲んでみたい方
残暑厳しい中ですが
安佐南区古市の姫茶伝さんまで
足を運んでいただければ嬉しい
ぱんだ先生なのでした~


スポンサーサイト



毎日書道展始まりました



毎日書道展中国展が始まりました


ぱんだ先生は
今年も2部門展示されています


しかも!
漢字部の作品は
初めて分かりやすい場所に
展示されてました!!



毎日書道展は出品数が多いので
毎年展示場所を探しまくりますが~
受付に展示場所の名簿があるので
そちらで確認すると良いですよ☆




今年は漢字部は
『承前啓後』と淡墨で大字を書いてます
表具してみたら結構茶墨系な発色でした
…うーむ
毎日書道展に出品するなら
もう少しにじみを出した方が良いのかな…
これは来年への課題です(⌒-⌒; )




もう一つ、仮名部の写経は
『妙法蓮華経堤婆達多品第十二』
を書きました




これもね~
締め切りに追われて書いた感がありあり(⌒-⌒; )
筆を落としたり
用紙の配色を間違えたり…
表具してみても
まとまりなく、落ち着かない感じが
伝わってきます…




今回は筆の里工房で学ぶ大学の後輩が
写経で佳作賞を受賞しています
こちらは本当に素晴らしい!!
会場に行かれたら
ぱんだ先生のより
そちらの作品を見て欲しいです~





そうそう!
今年の特別陳列は手島右卿先生!
澄んだ美しい淡墨の世界を
堪能させていただきましたよ~
やはり、手島先生の作品は
生で見ないとね☆




さらに!
あとロビーにて
繰り返しDVDが流れてます
ぱんだ先生がお慕い申し上げている
漢字部会員賞を受賞された
青山浩之先生の作品が流れますので
ぜひ、ご覧いただきたいです!!




会期中、特に土日は
解説やらパフォーマンスやら
色々企画があります
暑い中ですが
会場に足を運んでいただければ嬉しい
ぱんだ先生なのでした~



第71回毎日書道展中国展
令和元年8月20日(火)~25日(日)
広島県立美術館地下1階県民ギャラリー
午前9時~午後5時
(23日は午後8時まで)
入場料一般600円高校生以下無料

特別陳列『手島右卿ー霊火燃え立つ』


☆お知らせ☆
中国茶のお店とコラボイベント
『講話茶会第2回』
参加者募集中ですよ~
8月31日13時半から
姫茶伝(広島市安佐南区古市)
会費2500円
漢字の歴史と
河南省の珍しいお茶を
一緒に楽しみましょう☆

※お申込:姫茶伝 082-877-0078

姫茶伝:https://www.himechaden.com


夏休みも温泉三昧




毎年恒例ぱんだ先生の夏休み☆


生徒さんのご理解もあり
優書会では
お盆とGWは
大型連休をいただいてます



前半は
家族サービス?な旅行
今年はGWに続き
阿蘇周辺から大分にかけての
温泉を巡ってきました





九州は本当に色々な温泉が楽しめて
何度訪れても毎回違う温泉に出会えます!




とりわけ
阿蘇はいいですねぇ~
まだ復旧されていない道路などありますが
観光をするには
ほぼ問題なし!





GWに復旧された
南阿蘇村の
足元湧出源泉掛け流しの
地獄温泉青風荘に
夏休みも行ってきました




暑い暑いと言いながらも
阿蘇周辺は秋の気配
トンボが飛んでいたり
さわやかな風が吹いていたり
季節は移ろうんだな~って
しみじみしながら
阿蘇の温泉に浸かりまくってきました





あ、もちろん
阿蘇の絶品スイーツもね☆
阿蘇の道の駅のソフトクリームはマスト!
あと、いきなり団子もね!!
サツマイモが美味しいから
まるで芋餡みたいで
ホントに美味しいんですよ~
すっかりいきなり団子の虜です(⌒-⌒; )




阿蘇の外輪山
大観峰からの
カルデラの眺望も
素晴らしかった~
阿蘇山が雲に隠れてたのは
ちょっと残念でしたけど



温泉県の大分では
自由気ままに
行き当たりバッタリで
絶品温泉に入りまくり…
最後は耶馬渓の温泉で〆てきました☆




温泉三昧をしっかり楽しんできましたから
これからは秋の発表会に向けて
準備をがんばりたい
ぱんだ先生なのでした~










広島の俳人として




広島忌語らぬ母と語る父~朗子



今年も広島平和祈念俳句大会に参加しまして~




な!なんと
創生の代表に
特選に選んでいただきました☆



いや~
こんな事もあるんですね!




昨年も参加したのですが
その時の前代表の
『この俳句大会には
広島の俳人としては
必ず参加しないとね…』
といった独り言のような呟きに
心底シビレまして~




畏れ多くも
ぱんだ先生も俳人のはしくれとして
真摯に俳句を詠みました




今日は74回目の広島原爆の日
ぱんだ先生の肉親には
原爆の被害を受けた者はおりません
亡くなった両親は
まだ幼児の頃に田舎に疎開していたので
具体的な戦争の記憶も無かったようです




ですが…
ダンナさんの身内には
戦争体験者もいて
嫁いでから色々と戦時中の話を
聞かせてもらいました



が!
頑なに戦争体験の話はしない人
事細かに話してくれた人
とありまして~




その違いは
戦争体験の程度の差によるものだと
ようやく最近になって気付きました…




74年経っても
言語化出来ない悲惨な体験をしたんだな…と
どれほどの心の傷跡を
抱えたまま生きておられるのだろうか…と





語らない人がいる事も
戦争の傷跡
そのことも後世に伝えるべきでは…
という思いも込めて
今回の俳句を詠みました





語らないから
辛い思いをしてない…のではありません
相手の気持ちを推し量ることも
平和につながるのではないでしょうか




悲惨な戦争を
乗り越えてくれた先祖がいるから
今の自分がある…
今の平和な日々ついて
俳句を通して
いろいろ考えてみた
ぱんだ先生なのでした~












写経二つ書き上げました




筆の里工房の写経教室
夏の錬成会に参加してきました☆



今回は5月に
仏説阿弥陀経を
写経用紙6枚に清書してくる…
という宿題が出てまして~




ま、計画的に…
なんて出来るはずもなく
先月半ばから
必死に書き上げました(⌒-⌒; )




あと、紺紙銀泥の法華経も
今回の錬成会で
ようやく書き上げました☆
銀泥は筆の里工房での
写経教室の時でないと
取り組めないので
2年かかりましたが
やはり書き上げた爽快感は
なんとも言えないですね~




次は10月に写経教室があります。
今回は写経教室25周年50回目を記念して
佐藤芙蓉先生が寄贈された
古筆や古写経などの作品展示と
写経教室の生徒作品も展示されます




ぱんだ先生の書き上げた仏説阿弥陀経は
軸装に仕立てるので…
かなりな大作になります
教室の床の間には飾れないなぁ~
と、言うわけで
筆の里工房の展示室で
ぜひともご覧いただきたいです!




にしても…
写経は奥が深いっす
やればやるほど
写経の沼にハマっていく
ぱんだ先生なのでした~

井浦新サマは素敵過ぎました




呉市の呉信用金庫ホールで開催された
『第23回くれしん文化講演会
日本美術応援団呉を応援する!』
に生徒さんと一緒に行ってきました☆





『若冲、蕭白、芦雪ー江戸絵画への誘い』
というテーマにも興味がありましたが
そりゃ、一番のお目当は
講師の井浦新さんですよ!!




美術館番組の司会や出演も多くしている
美術に造詣の深い井浦新さんは
日本美術応援団団員3号として
呉出身の美術評論家山下裕二さんと一緒に
講演会活動もされているんですよ!




井浦新さんにお目にかかる前に
まずは
腹ごしらえ!
という訳で
呉冷麺の名店、珍来軒に
40分並んで
呉冷麺を食べてきました~




ちなみに…
ぱんだ先生が呉冷麺の行列に並んでいた頃
講演会会場の行列に並んでいた方は
会場入りする井浦新さんに
握手してもらったそうです(⌒-⌒; )
うーむ、食欲には勝てなかった…




ま、サロンシネマで握手してもらったから
いいんだもーん!




肝心の講演会ですが
山下裕二さんの分かりやすい解説に
謙虚な姿勢かつイケボで合いの手を入れる
井浦新さんの美しいお顔を拝見しながら
の90分あまり…
そりゃ、もう、夢のような時間!
を過ごして参りました!




あ、講座の詳しい内容は
井浦新さんも読んでいると言われた
『奇想の系譜』の文庫本で
改めて勉強し直しまーす☆




ふふふ、井浦新さんに会えるからと
今年一目惚れして誂えた浴衣を着て
気合いを入れて呉に参りましたが~




暑さに負けて…
講演会が終わったら
寄り道もせず帰宅してしまいました





とりあえず!
暑い中お付き合い下さった
生徒さんに感謝しつつ
幸せな時間を思い返している
ぱんだ先生なのでした~





楽しい?夏休み




先週末
姪っ子と甥っ子3号を
2晩預かりまして~



メインは夏休みの宿題
書写の作品を仕上げること!
これは
まぁ…とにかくやればいいんでしょ~
的な感じてサクサク終わらせました




とはいえ
ほぼ自力で短時間で
まあまあな感じに
仕上げられるようになったのは
良い成長だと思っています
→ただのおばバカ(⌒-⌒; )




で!
宿題仕上げた後は~
筆の里工房で
筆作り体験ですよ☆
→書に絡んだ事しかやらせない(⌒-⌒; )




筆の里工房では
子供用作務衣の貸出を始めたとかで
姪っ子達は職人気分を楽しんでました☆
難しい作業は伝統工芸士の方が
フォローしてくださるので
小学生でも全く問題なし!




実際に作業をしてみて
熊野筆に興味と愛着が湧いたようです
→やっぱりおばバカ(⌒-⌒; )



筆作り体験の後は
リニューアルした工房の体験コーナーと
やなせたかし展を
くまなく堪能しまして~



仕上げは
鷹野橋の焼肉大学さんで
お腹いっぱい焼肉を味わいました☆




いや~
小学生高学年になっても
子守は大変だなぁ
小学生と向き合っている親御さん
尊敬します!



とはいえ
ぱんだ先生に付き合ってくれるのも
あとわずか…かな
今のうちに書道好きに育てる作戦
しっかり遂行しておきたい
ぱんだ先生なのでした~

中国茶に癒されて




ぱんだ先生の
中国茶ライフを支えてくださる
中国茶専門店姫茶伝さん



3月には書道と中国茶の
コラボイベントを開催しまして~
好評につき
8月31日午後から
第2回目を開催する事になりました!





今日はその打合せに
お店に行ってきました☆




店頭には並ばない
珍しい中国茶をいただきながらの打合せは
脱線しまくり…
ですが、日中の文化や歴史
時には政治の話をしながら
充実のひと時を過ごしました





店長さんイチオシの
極上ジャスミン茶をゲットしてきました☆
だって~
店長さんの熱の入った説明聞いたら
もう、どうしても…
飲んでみたくなっちゃうんだもん!





これまでは~
ぶっちゃけ、ジャスミン茶は
人工的な香りが過ぎじゃなかったのですが~




姫茶伝のおススメなジャスミン茶は
全く別物!!
マジ、癒されまくります~





というわけで!
姫茶伝と優書会のコラボイベント
第2回目は書体の歴史がテーマ
中国茶は甲骨文字が発見された
河南省の珍しいお茶を楽しんでいただく予定☆




詳細が正式に決まり次第
また、こちらのブログで紹介いたします




…作品締切や
10周年記念行事と発表会の準備
ジャスミン茶に癒されて
乗り切っていきたい
ぱんだ先生なのでした~



[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

国際親善のお手伝い




ぱんだ先生の郵便局時代の上司に
お若い頃から海外の方と文通されたり
ボランティアで通訳をされたり
海外の方に日本語を教える活動をされている
素晴らしい方がおられます




郵便局退職後も
精力的に平和公園周辺で
通訳のボランティアをされているのですが~


その方から
『筆で漢字を書いてもらい
それに英文で
漢字の意味と、
その漢字からイメージする聖書の一節を
添えたカードを渡したいのですが
協力していただけないでしょうか?』
とのご依頼をいただきまして~





もちろん!
二つ返事でお引き受けいたしました!!




先日、中国新聞に
作成したカードを渡す活動の様子が
投稿欄に掲載されました
と、ご報告いただきました
ぱんだ先生の個人名は出ていませんでしたが
思いのほか、様々な国の方々に
カードが届けられたと知り
なんだかとっても嬉しくなりました☆





語学がサッパリのぱんだ先生には
国際親善や国際交流は
ハードルが高いなぁ…と思っていたのですが
ぱんだ先生の書を生かして下さる方のおかげで
国際親善のお手伝いが出来て
すごーく嬉しいです!!




という訳で
嬉しさのあまり
頼まれてもないのに
新作の書を書いちゃいました☆



素晴らしい翻訳を添えてもらって
世界各国の方にカードが届いたら…
また、そのカードが世界平和に繋がれば…
こんなに嬉しいことはない
ぱんだ先生なのでした~





[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆

篠田桃紅展再訪!



6月半ばに
高梁市成羽美術館まで
篠田桃紅展を観に行きましたが~


6月30日の最終日にも
優書会の生徒さんや
書道の先輩と一緒に
再訪してきちゃいました☆



…今回も運転手はダンナさんでしたが(⌒-⌒; )




前回は高梁市成羽美術館の事は
全く知らずに行った為
安藤忠雄設計の建物も見落としてたし
もう一度眺めてみたい
篠田桃紅氏の作品もありましたので~




という訳で
美術館では
各自自由に気になるところを
見てまわりました!



やはり…
ぱんだ先生は
篠田桃紅氏が渡米する前
1950年代後半の
文字を解体し
線だけを書くスタイルに
変容していくあたりの作品に
激しく惹かれました!



湧き上がるような
何かが蠢いているような
文字のような
ただの落書きのような
でもイキイキとした墨の線は
いつまでも眺めていたくなる
なんとも魅力的でした



あと、2回目で気付いたのですが
篠田桃紅氏の作品は
伝統的な書の表装ではなく
また、西洋美術のような額装でもなく
枠のないシンプルなパネル。
枠があっても木目調だったり
その枠もすごく細くて
作品が主体になる仕上げに
なっているんだな…と。




書の作品は
表装によって雰囲気が変わりますからね~




あと!
生徒さんや先輩と一緒ってのが
より鑑賞が深まりました☆
互いに作品に対して共感できるって
こんなにも楽しいんだなぁ~
と、改めて思いました☆




そうそう!
前回見逃していた
高梁市グルメマップ
というのがありまして
今回は成羽の老舗和菓子屋さんにも
寄り道しまして
成羽グルメも堪能しましたよ~




美術館での滞在時間より
移動時間の方が倍以上…って
なかなかの研修旅行となりましたが
やはり!
『百聞は一見にしかず』
ですね☆




しばらくは
生徒さんと『篠田桃紅ごっこ」を楽しみたい
ぱんだ先生なのでした~

クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

facebookページ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は本川電停徒歩2分程度
広島市中区本川町2丁目4-8田室ビル303
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

スケジュール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR