FC2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く本川町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

隣県まで篠田桃紅展を観に行った!



6月30日まで
岡山県高梁市の
高梁市成羽美術館にて開催中の
『106歳を生きる篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨の色 心のかたち』
を、鑑賞してきました☆




篠田桃紅氏の作品を
まさか隣県の美術館で見られるなんて!
そりゃ、行かにゃいけんじゃろ!!




でも、一人で知らないところに行くのはねー
という訳で~
『帰りに神辺のぐらんの湯に寄るけー
高梁市まで運転手してぇやぁ~』
と、ダンナさんをアッシーにして
隣県の美術館まで行ってきました☆




篠田桃紅氏の作品展は
2年前にも東京で鑑賞しましたが!
今回の展示は
書道という枠の中で発展した初期の作品から
アメリカに行き
文字を離れ墨の色や線を追求して
独自の抽象表現を確立し
106歳までの変化して行く作品を
4つの時代に分けて展示されていました





篠田桃紅氏が何を追い求めて
100年にわたり
墨をすり
筆を握り
紙に線を書いてきたのか
変遷がよくわかる素晴らしい展示でした





今回改めて感じたのは…
篠田桃紅氏は筆で線を書く事が
何より楽しくてお好きなんだなぁ…と。





書は文字や言葉を書く芸術ですから
社会通念の文字のルールを
守らなければなりません
これはぱんだ先生の私見ですが…
篠田桃紅氏は
『こうであらねばならない』
という様々な概念にあらがい
自分の心のままに表現し、生きることを
追求し続けているのではないかと…




言葉を分解して
文字を分解して
最終的に残った線
ただ線を書く事は画家にも出来るけど
篠田桃紅氏が書く線は
紛れもなく書の線だと思います




墨の色は
その日の気候にも左右され
毎回微妙に変化します
二度と同じ墨色は出せない
筆で書く線は一期一会
人生だって同じような日々の繰り返しでも
全く同じ日は1日たりとてない
人生は毎日違う一日の積み重ね
篠田桃紅氏の書く線は人生そのもの…
だからこそ、強く惹かれてしまう
改めてそう感じました


ぱんだ先生的には
1954年前後
アメリカに行く前の
文字を書く書道から
抽象表現への過渡期の作品に
心惹かれました



…まだまだぱんだ先生も
自分の表現を求めてさまよってますからね
自分と重ね合わせて見ちゃったのかも?




いや~
高梁市まで行った甲斐がありました!




あ、ぐらんの湯も
『生源泉掛け流し』が
サイコーでした☆
26度の冷泉ですが
今からの時期は冷たさが気持ちいい!




美術鑑賞と温泉
広島からの日帰り旅行におススメしたい
ぱんだ先生なのでした~








スポンサーサイト

仮名と臨書ブーム



最近の優書会のブームは
仮名と古典臨書
ですね~




仮名は基本運筆が終わり
全体構成を学ぶ為に
植村和堂先生のお手本で
百人一首を練習する方続出~




古典臨書は
顔真卿や褚遂良の楷書を中心に…




皆さんレベルが上がってきて
指導する側もうかうかしてられない!
まずは字形や筆の動きを
忠実に再現する形臨をしてもらいますが~




学生みたいに
臨書の評価をするわけではないので
臨書の本質っていうか
古典作品の見方ってか
臨書の楽しみ方…みたいな事を
どう説明したら分かってもらえるか?
実はぱんだ先生が一番鍛えられてるかも!





あ、もちろん
初心者の方は
優書会メゾットで
楷書の基本から
練習していただいてますよ~




優書会では
段とか級といった
資格を取る為の月例課題はない代わりに
興味のある事にどんどん挑戦してもらいます
アレコレと色んなものを試す方
一つのジャンルにじっくり取り組む方
皆さん、自分に合ったやり方で
書の世界を楽しんでくださる様子を
眺めているのが何より幸せ☆




そう!
優書会のキャッチフレーズは
『ちょっと◯◯したいにおこたえします』
でしたね(o^^o)




優書会に色んなブームが巻き起こって
『ちょっと仮名をやってみたい』
『ちょっとペン字をやってみたい』
『ちょっと写経をやってみたい』
色んなコトに気軽に挑戦してもらえるように
常に準備万端にしておきたい
ぱんだ先生なのでした~



☆☆まだまだイベントのお知らせ☆☆

残席わずか!
お申し込みはお早めに☆


自分で書いてみるワークあり、
 美しく書くコツのレクチャーあり、
 プロの視点からの本音トークありの‪2時‬間。
 書という切り口で「令和」に迫ります。

【クラブ神垣】
~書家に聞く恥をかかない「令和」の書き方~
‪https://www.facebook.com/events/311655029735371/‬
 

『俳人』です




俳人協会から
会員証が届きました!
あ、名前は自分で書きましたけどね



天命を知る50歳の誕生日に
所属している俳句結社の代表から
『貴女を俳人協会に推挙したから
入会金や年会費を振り込んでね~』
と、連絡があり
半信半疑でお金を振り込んだものの
なかなか正式な文書が来ず…





ホンマに俳人協会の会員に
してもらったんじゃろうか?
って疑心暗鬼になっていた頃
本部から文書が届いたわけです(⌒-⌒; )





会員証とバッヂ!
生徒証と校章みたい?





が!
喜んでばかりはいられない…




今月末までに
合計7句も俳句を詠んで
本部や広島県支部に送らねば!!




ヤバい!マジ、ヤバい~




形式上は
『俳人』
という肩書きが増えましたが
まだまだ俳人だなんて(⌒-⌒; )




書家と俳人
二足の草鞋を履きますが
どちらも胸を張って
人様に名乗れるように頑張りたい
ぱんだ先生なのでした~


☆☆まだまだイベントのお知らせ☆☆

残席わずか!
お申し込みはお早めに☆


自分で書いてみるワークあり、
 美しく書くコツのレクチャーあり、
 プロの視点からの本音トークありの‪2時‬間。
 書という切り口で「令和」に迫ります。

【クラブ神垣】
~書家に聞く恥をかかない「令和」の書き方~
‪https://www.facebook.com/events/311655029735371/‬
 



ぱんだ先生考案筆遊び



中国新聞企画サービス主催の
インバウン向けイベントの
日本文化体験担当を
ひろしまきもの遊びさんから依頼されまして~
張り切って担当させていただきました!




ただ…ありきたりな
筆で字を書くだけで
書道体験…なんてのはねぇ~
って常々思っておりましたので!





本物の文房四宝を使ってもらい
かつ、地元の特産品『熊野筆』にこだわる
さらに!
誰でも簡単に
シンプルに書の楽しさを味わってもらうには
どうしたらいいだろう?!




外国の方は
筆で文字を書く事は
さほど抵抗がないようですが
意外と日本の方の方が
頑なに拒絶される事が多いんですよね…
それはきっと義務教育での書写指導で
良い印象がなかったからかも?



だからこそ!
老若男女どなたにも抵抗なく
筆を手にしていただくには…
と考え抜いた末に




ぱんだ先生考案
『熊野筆でカキ書きレース』
が誕生した訳です☆



優書会の生徒さんに試してもらい
改良を重ねまして~
『カキ書き』の『カキ』は
広島特産品の牡蠣に掛けてます!
なぜかぱんだ先生がぐるぐる書くと
綺麗な円ではなく楕円になってしまい
その形が牡蠣っぽく見えたから…なんです





ただ文字を書くだけではなく
シンプルに筆の感触を感じてもらいたくて!
あと、興味を持ってもらうため
ゲーム要素を取り入れてみました





『熊野筆でカキ書きレース』は
用意された文房四宝から
好きな和硯、奈良墨、熊野筆を選び
自分で墨を磨り
墨を筆に含ませて
1分間途切れる事なく何周円を書けるか?
ってゲームです☆




そこはゲームですから
意外性も潜ませて~
熊野筆は一般的な筆ではなく
鳥や猫、ウサギなどの特殊筆も準備
どの筆を選ぶかが
勝負の分かれ道になります!




こちらの予想では
きっとウサギや猫とか
使い易そうな筆が人気だろう…
と思いきや!
様々な鳥の羽の特殊筆が大人気☆




1回目は思いがけない筆の動きと
1分間が意外と長い…
って事に戸惑われまして~
で、2回目を本番にしたら
きっちり軌道修正されて
それはそれは生き生きとした書線を
たくさん書いてくださいました!





ただ…ぐるぐる円を書いている訳じゃなく
最初は墨の潤渇の変化に対応しながら
筆先の感触を感じる
書いているときはただ無心…
という、書の真髄を
体験してもらっているのです!





って、これ
ぱんだ先生の自己満足ですけどね(⌒-⌒; )






文房四宝のマニアックな話も
聞いてもらえたし
筆遊びにも夢中になっていただけたし
ゲームからの流れで
色々な筆で文字を書く楽しさも
味わってもらえたし
ぱんだ先生的には大満足!!




この秋に開催予定の
優書会の作品展の時に
『ぱんだ杯熊野筆でカキ書きレース』を
開催したい
ぱんだ先生なのでした~







詠み手と読み手、表現と鑑賞



5月の木もれび句会で
特選1点並選1点をいただいた
ぱんだ先生の俳句



青嵐墓石倒れし阿蘇の里~朗子




先日、阿蘇の温泉に行った折
見かけた風景を詠みました




一見、復興が進んでいるかのような阿蘇周辺
でも…県道からちょっと入れば
無残にえぐれた山肌や土石流の跡
崩れた路肩…
そしてバラバラに倒れている古い墓石
まだまだ阿蘇の復興は道半ば…でした




キレイになっているところだけ見て
もう大丈夫なんて思ってはいけない
と、自分への戒めも込めた一句
なんてのは後付けの理由かな?
とにかく、素直に見たままの光景を
句にしています






が!!




特選に選んでくださった方の選評が
あまりに素晴らしいので
ご本人の了承を得て
ご紹介させていただきます

特選
青嵐墓石倒れし阿蘇の里

前の地震で倒れた墓石の上を
青嵐がザーっと吹いている
阿蘇の草原の緑と
青嵐の葉っぱの緑と
新しい御影石ばっかりじゃなく
苔むした古い墓の緑もあるんだろうなと
色々な緑色が一緒に映像として
浮かんで来ました。
この季節らしいです




詠み手の意図よりも
もっと深く豊かに
阿蘇の自然を感じ取っている
読み手の感性に
こちらが感服されられました!




俳句にしても
書にしても
一度、作品として世に出したら
あとはどのように解釈になろうが
それは鑑賞者の自由です




句会でも
詠み手(表現者)の思いと
読み手(鑑賞者)の解釈が
全く違う事がよくあります
だから、選んだのが間違いではなく
解釈がどうあれ
その句に感動した事は事実ですから
それで良いのです




芸術の世界では
表現が一番!
のように思われがちですが
鑑賞できる事が
同じくらい大切です




俳句を詠めなくても
書の作品が書けなくても
鑑賞する事は誰でもできます
鑑賞に正解はありません
鑑賞者がどう思ったか?
それが大事☆




もちろん、表現者の意図を知り
その作品の背景を知れば
さらに理解が深まるかもしれません
その際、評論家のようなウンチクは
…要らないんです!





ちょいと小難しい話になりましたが…




もっと気軽に
俳句や書の作品を
楽しんでくださる方が
増えて欲しい…
ぱんだ先生なのでした~




[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆




「クラブ神垣」が開催されます




優書会オリジナルテキストの
文面作成をお願いしたり
大和言葉講座でお世話になっている
ライター神垣あゆみさんの新企画☆
その名も
『クラブ神垣』



その第一回の栄えあるゲストに
選んでいただきまして~




イベントについて
お知らせ致します!



☆お知らせ☆
[クラブ神垣]
第1回目のゲストとして
講師を務めます

詳細は以下の通り
主催の神垣あゆみさんの
メルマガでの
紹介文を引用します
神垣あゆみメールマガジン
http://www.kamigaki.jp/

「令和」の字って
「令」に幾つか書き方があって
結局、どの書き方が正しいのか
よく分からないと思いませんか?  
友人で書家の松田朗子さんに尋ねたら
資料を示しながら解説してくれました。

なんと、4つも書き方があるんですって。
さらに
個人的興味から、書のプロとして
新元号の「字」についての
感想・意見を聞くと……
あふれる思いがてんこ盛り。
しかも面白い。
これは、わたし一人で聞くのは
もったいないと考え
イベントにすることにしました。  
名付けて


【クラブ神垣】書家に聞く恥をかかない「令和」の書き方

自分で書いてみるワークあり、
美しく書くコツのレクチャーあり、
プロの視点からの本音トークありの
書という切り口で「令和」に迫る2時間です。
軽く飲みながら、
和やかなムードで集いたいので
ワンドリンク付き。
定員10名ですので
お申し込みはお早めに。



【クラブ神垣】~書家に聞く恥をかかない「令和」の書き方~
日 時 6月19日(水)  18:45~20:45
会 場 書道サロン 優書会
(広島市中区本川町2丁目4-8 田室ビル303)

会 費 2000円 ※ワンドリンク付き

講 師 書家 松田朗子さん
(聞き手 神垣あゆみ)
▼お申込みはこちらから
https://kamigakiayumi.com/fx/20190619


菅官房長官が掲げた「令和」のレプリカもあるので
記念撮影もできるぞ!




という事でございます☆
参加ご希望の方は
優書会松田まで
お電話かメールにて
お申し込みくださいませ



ほろ酔い気分でのイベント
前半は真面目なぱんだ先生
…後半は…
ブラックぱんだに変身しちゃうかも?!




新しいイベントにお誘いいただき
今からワクワクしている
ぱんだ先生なのでした~






[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆




写経三昧な三日間



今年も筆の里工房で開催された
『佐藤芙蓉写経教室』に
3日間参加してきました




…土曜日は優書会の教室をお休みして…
ですけど(⌒-⌒; )





おかげ様で
写経三昧の3日間!
久々に気持ちよい
集中した時間を
過ごすことができました!





今は紺紙に銀で
観音経を書いてますが~




今回は佐藤芙蓉先生の師匠
植村和堂先生の十八回忌供養の為に
黄檗紙に墨で般若心経も書かせていただき~
観音経完成…とはなりませんでしたが
それはそれは充実したひと時となりました





写経教室は何度参加しても
毎回新鮮で!
また、佐藤芙蓉先生や
先輩参加者の方々の
写経指導だけでない
人生の経験談が
どれだけ貴重な情報であるか!
先生や先輩方のお言葉は
人生の後半戦に突入している
ぱんだ先生の行く先を照らす光ですね





最初の頃は
写経をする事に精一杯で
全然周りが見えてなかったけど~
10回以上参加して
ようやく色々楽しむ余裕が出てきたかな?




今年の秋は
筆の里工房写経教室は50回目を迎えます!
年2回の開催ですから
25年!四半世紀ですよ☆
秋はそれを記念して
ステキなイベントがあります
また、こちらでもお知らせします!



写経に興味のある方は
ぜひ、一緒に参加していただけると
嬉しいぱんだ先生なのでした~




[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆








シャンシャンに会えました!



上野動物園の子パンダ
シャンシャンに
ようやく会えました!!



誕生から2年近く
その間5回上野に行きながら
動物園までは足を伸ばせず…
今回は最後のチャンス!
とばかりに60分の行列に並びました




せっかくシャンシャンに会うんだから~
と、プレゼントのパンダTシャツに
黒のパンツで白黒コーデ
パンダ手ぬぐいをストールがわりにして
ぱんだ先生的パンダコーデで
いざ!上野動物園!!
と勇んで行列に並んだら~




さすがパンダ好きの聖地
ぱんだ先生のパンダコーデが霞んじゃうくらいの
すんごい気合いの入った
パンダグッズまみれの常連さんのいでたちに
すっかり圧倒されてしまいました…




ま、それはさておき~




ニュースやネットの画像で見るシャンシャンは
すっかり大きくなっているから
もう、大人パンダと変わらないんだろうなー
なんて思っていたら…




いや~
まだかわいい子供感満載!!
この日から
大人パンダの運動場デビューだったらしく
運動場を所狭しと動く回っていました☆





チョロチョロ動く姿は可愛いのですが
スマホのカメラでは収めきれない(⌒-⌒; )
全然、ちゃんとした写真が撮れませんでした




それでも~
生で子パンダのシャンシャンを見られて
ぱんだ先生しあわせ~




やはり自分の目で確かめるって
大事なんですよね!!




60分待って
ほんの数分の対面でしたが
大満足!!




で、売店で
生後10日目のシャンシャンを
忠実に再現したぬいぐるみをゲットしまして…
広島に戻ってからは
ぬいぐるみの癒されまくっています~





あ…今回初めて
上野動物園内に
上野の五重塔がある事を知りました!!





上野動物園は見所いっぱい!
いつか…一日中上野動物園で過ごしてみたい
ぱんだ先生なのでした~



[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会




今年も写経展示を観に!



NHK学園展の写経部門に
出品させていただき
はや4年
今年も上野の東京都美術館に
自分の作品を観に行きました☆





今年は優書会の生徒さんも
写経作品を出品、入賞し
同じ会場に展示されましたので
そちらも楽しみに上京してきました~





今回は初めて
金と銀とで般若心経を書いたのですが…




金で書く事に緊張しちゃって
今までやった事の無いミスの連発!
展覧会への出品作品としては
あり得ない出来の写経でしたが
ありのままの自分を見つめ直す機会として
敢えてミスだらけの写経を
出品しました





会場で佐藤芙蓉先生をはじめ
東京の清和会の先生方にも
講評をいただき
畏れ多いやら有難いやら…




生徒さんの写経も
初めての出品とは思えないくらい
堂々とした書きぶりに仕上がってました
が、もっと墨色を調和させる様に…とか
ぱんだ先生の指導者としての課題も
気付かせてもらい
色々と勉強になりました!





会場で
東京在住の
優書会の生徒さんと合流して
がっつり会場を見学
途中でNHK学園講師による
『お名前添削』を受講してもらったり~
秋の優書会の作品展に向けての
ヒントを得たり~




やっぱり…
百聞は一見にしかず
現地に行かないと分からない事が
沢山ありますよね~




来年もぱんだ先生は
NHK学園展には出品しますが
優書会の生徒さんとも出品できて
一緒に上京して会場で作品見られたら…
めっちゃ嬉しいな~




そうそう…
会場で東京の清和会関係の方から
『ぱんだ先生ですよね?ブログ拝見しています』
と、声を掛けていただき!
まさか、そんな方までご覧頂いてるなんて!
なんとも畏れ多い~
実際にブログ読者の方にお目にかかるって
ちょっと恥ずかしい!




でも
恥ずかしいけど
嬉しくて
励みになりますね☆





やっぱり東京に行くと
テンション上がるし
やる気がチャージされる
ぱんだ先生なのでした~






[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆




筆の里工房でも講座担当してまし




ぱんだ先生は
飽きっぽい性格もあって
優書会以外の場所でも
指導を行っています




その中で
どなたでも参加可能なのは~






筆の里工房のアートスクエア教室
『教科書で学ぶ書道』講座
どんな講座かと言いますと~






『教科書で学ぶ書道』
講師 松田朗子(優書会主宰)

文部科学省の学習指導要領に基づき小学3年国語科にある書写から高等学校の芸術家書道まで生教科書の順で学びます。手本を書くだけでない、書の学び方をわかりやすく楽しく指導します。

開催日
令和元年
5月26日
6月23日
7月28日
8月25日
9月22日
10月6日
11月17日
12月15日
令和二年
1月26日
2月9日
日曜日午前10時半から12時30分
受講料10回10000円
ただし材料費実費(紙など)
定員20名



*賛助会員(PAL会員)に入会が必要です
年会費2千円

*日曜日開催の教室は
広島電鉄熊野営業所バス停(横)からの無料送迎あり。ただし、年間予約制。受講申し込みの際にあわせてご予約ください

*お申込みお問い合わせは
082-855-3010
火~日の朝10時から17時




以前は『初心者限定習字教室』講座を
担当していたのですが~
おかげ様でリピーターの方が増え
そのリピーターの方々が~
「初心者」の枠にはまらないくらいに
成長されまして~
それなら「初心者」の枠を外して
幅広い指導が出来るように
でも、当初の「初心者」向けな指導も出来るように
小中学校の国語科書写と
高等学校の芸術科書道を基にした講座として
3年前にリニューアルしました☆




って、紹介すると
エラく堅苦しいですが
結局ぱんだ先生が教えるわけですから~
ま、ほぼほぼ…
優書会でやっている事と同じです
人数が違うから多少やり方に
変化はつけてますけどね☆





以前、優書会のブログ読者の方が
この講座を受講して下さり
そのまま、優書会の教室にも
通って下さってます
いきなり、優書会に来るのは…と
お考えの方がいらしたら
偵察兼ねてこちらの講座を
受講してもらうのもアリかな~
なんて思っています




もちろん!!
いきなり書道教室に通うには
ハードルが高いなぁ…と
ためらっている方に
この講座で準備運動というか
腕慣らしをしていただいてから
お近くの書道教室に通って頂けたら
大変嬉しゅうございます~
一人でも多く筆の文化に親しんでいただきたい!
というのが、この講座の最大の目的ですから☆






まだ、受付可能なようですので
熊野町周辺にお住まいで
「ちょっとお習字してみたい」
という方がおられましたら
ぜひ、一歩踏み出していただきたい
ぱんだ先生なのでした~





[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

毎週土曜日朝に最新号発行です☆

ぱんだ先生が…
時には『ブラックぱんだ先生』になって
本音を暴露しちゃってるかも?!















クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

facebookページ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は本川電停徒歩2分程度
広島市中区本川町2丁目4-8田室ビル303
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

スケジュール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR