fc2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く十日市町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

久々の研修旅行~その2




春日井市小野道風記念館から
次の目的地は名古屋市の徳川美術館!



地図で調べたら
隣の市ですが
直線距離で6キロちょい
どうせタクシーを使うなら
一気に徳川美術館まで行ってしまえ!
と、贅沢にタクシー移動☆
所要時間は約25分
タクシー料金も2800円くらい
道風記念館→徳川美術館への移動は
タクシー利用をお勧めします!!


さてさて
初めての徳川美術館☆
重厚感たっぷりの門をくぐり…
まずは!
お庭と建物が素敵なカフェで
腹ごしらえ!!



その後、お目当ての美術館へ☆
企画展『徳川文房具博』です~



さすが尾張徳川家のお宝!
中国の硯や墨の名品がズラリ☆
一人でテンション上がりまくりで
じっくり鑑賞してきましたよ



もちろん
常設展の品々も
素晴らしかった~~






ホントは徳川園のお庭も
拝見したかったのですが
雲行きが怪しくなってきたのと
足が…限界…となり…



後ろ髪を引かれながら
なごや観光ルートバス「メーグル」で
市内観光も兼ねて
名古屋駅に向かって移動しました




観光ルートバスはなかなか良いですね
名古屋の繁華街や
名古屋城も巡ってくれるし
車中では観光案内ビデオが流れてるし☆



で!
新幹線までの時間が
中途半端にあったので
終点のひとつ手前の
トヨタ産業技術記念館に寄ってみました




ココは優書会の生徒さん達からも
おススメされていたんですよね




が!
思いの外、トヨタの歴史に感動し…
また、展示内容が素晴らしすぎて
全然時間が足りなかった(^◇^;)



いや~
ココはノリタケの森と併せて
改めてゆっくり訪れたいです!!




という訳で~
駆け足で
書道と文房四宝のお勉強と
名古屋観光を楽しんできた
ぱんだ先生なのでした~






久々の研修旅行~その1




久々に…研修旅行を敢行しました!
今回は生徒さん達とは
現地集合解散
旅のメインだけ
感動を共有できるスタイル
って新しい研修旅行のカタチでした



まず!
京都まで生徒さんと一緒に
旅の計画を話しながら移動
生徒さんは一足先に京都へ
ぱんだ先生はそのまま名古屋まで行きました





ぱんだ先生の目的地その1は
愛知県春日井市にある道風記念館☆
道風記念館での作品展に
応募したこともあり
以前より訪れてみたかったんですよね




道風記念館は
平安の三蹟、小野道風の
生誕伝説地にあります
記念館の横には
道風に関する石碑や
「小野社」という祠がある
広い公園もありました
家族連れがたくさん訪れていて
のんびりとした素敵な場所でしたよ~




記念館はこぢんまりとした建物でしたが
企画展の「館蔵品展 俳句の書表現」は
俳人、書家の見応えのある作品ばかりでした!
俳句をどの様に表現するのか?
読める事を重視するのか?
書としての表現を重視するのか?
色んな観点から鑑賞できる
素晴らしい展示でした




特に!
村上翠亭先生の
迫力ある作品に
ガツンとやられました!!
この作品と出会えて…
愛知まで来た甲斐がありました




…ただ…
記念館までの道のりは
ちょっと遠かった…
最寄駅の勝川駅からのバス路線は
本数がめちゃくちゃ少なく
また、駅前にタクシーもなく。
徒歩30分とあったので
周囲の景色を楽しみながら
記念館までテクテク歩きました
これから道風記念館に行かれる際は
バスの時間を確認するか
駅前でタクシーを確保するのを
おススメします☆




という訳で
旅の初めから
体力を使ってしまい
ちょいとダメージを
受けてしまったので…
道風記念館から
次の目的地徳川美術館へは
タクシーで移動してしまった
ぱんだ先生なのでした~


旅の報告は
まだまだ続きます!

秋の京都研修旅行





コロナ禍の最中ですが…
GO TOトラベルを利用して
優書会の生徒さんと一緒に
秋の京都に研修旅行してきました☆



今回のお目当ては
その一、漢字博物館
その二、京都国立博物館
その三、法住寺での写経



今回の研修旅行では
コロナウィルス感染予防対策の徹底!
を心掛けました


外出時は常にマスク
ホテルはシングル
食事も別々
夜の街には出掛けない
移動は基本的に徒歩
なるべく交通機関を利用せず人混みを避ける



って、なんだか
研修旅行として
楽しくないんじゃね?
って思われるかもしれませんが~
元々優書会の研修旅行は
こんな感じ。
生徒さん達は
一緒に楽しむところ

個人のお楽しみ時間
との両立が上手な方ばかりですからね☆




今回…
ぱんだ先生は帰宅後も
4日間買い物以外は外出自粛して
大人しく過ごしてみました
今までより気をつける事が増えましたが
対策を徹底すれば
研修旅行の大丈夫かな?





さてさて~
ぱんだ先生のお楽し時間には
現地で合流した関西在住の先輩に
南禅寺や野村美術館や四条あたりを
案内してもらったり
漢字博物館の図書コーナーで
いっぱい資料を探したり~
地元喫茶店でモーニングしたり
人気のない豊国神社に立ち寄ったり☆




今回はコロナ禍対策で
徒歩移動しましたが
思いがけない発見も!
ふらふら気ままに歩く小路が
めちゃくちゃ楽しかった~
古都京都ならではの風情を
歩いて満喫してきました☆




あ、目的の3点を
目一杯満喫してきたのは言わずもがな!
京都国立博物館の「皇室の至宝」の図録を
生徒さん達へのお土産に購入しました
興味のある方はぜひご覧ください☆



しばらく…お稽古の時間中
京都のお土産話のマシンガントークを
繰り広げるであろう
ぱんだ先生なのでした~

大人の工場見学




金箔加工の歴清社さんの
祇園工場が11月に閉鎖される前に…と
生徒さんと一緒に
工場見学&壁紙の買付けに行ってきました!





ぱんだ先生は2回目でしたが
やはり…今回もテンション上がりまくり~




前回は真夏の暑さ故
工事内をゆっくり見る余裕が無かったけど
今回は歴史を感じる機械も
じっくり見せていただきました




いや~
こんな趣のある素敵な工場
映画やドラマのロケとかすれば良いのに…
頭の中で勝手に妄想しちゃいましたよ!




生徒さんに
「ぱんだ先生が暴走したら
どうどう!って止めてね」
ってお願いしてたんだけど…
生徒さん達も暴走してた(^◇^;)



だって…
気がつけば
あっという間の2時間半!




ぱんだ先生は
来年の優書会の作品発表会に使えそうな
素敵な壁紙はないかと
アレコレ物色しましたが
生徒さん達は
額に入れてインテリアにしたい!
とか
ブックカバーにしたい!
とか、どう壁紙を使うか
自由な発想で楽しんでいました





ってか
歴清社さんの工場内にも
かなり自由な発想の作品?がありまして~
なんてったって
冷蔵庫や炊飯器に銀箔の壁紙貼ってたり!
100均の額にいれて飾ってたり!
壁紙だから…って固定概念を
取っ払ったら
色々と楽しいよね~って
こちらも勉強になりました!





で、早速
歴清社さんの工場でみた作品を
パク…いや、参考にして
ぱんだ先生も作品を作ってみましたよ~



書道用の紙に書くのとは
また違う筆触が
書いてて楽しかったです☆




歴清社さんの工場見学は
事前予約が必要ですが
行ってみる価値あります!
壁紙張り替えたい方とかにも
チョーおすすめします





教室に戻ってから
「あー、優書会の壁も張り替えちゃう?!」
って思いついたので…
3度目の正直、もう一度工場見学しに行きたい
ぱんだ先生なのでした~

キラキラな工場見学




広島の老舗金箔加工の
歴清社祇園工場の
展示即売会に行ってみました


ぱんだ先生の先輩が
歴清社さんの金箔加工紙を使って
素晴らしい書の作品を
発表しておられたので
ずっ~~と気になってい
たんですよね


この度、今年11月に
歴清社祇園工場を閉鎖するに伴い
工場内にある加工紙や屏風やパネルなどを
格安で販売されています



今はもう作られていない貴重な金箔加工紙や
気合いの入った試作品とか
いや~気に入ったのが見つかれば
これはもう運命の出会いですからね
迷わずゲット!
…といきたいところですが
あまりにもステキな金箔に囲まれ過ぎて
クラクラしちゃいました~
(工場内は冷房が効いてないところもありますしね)





祇園工場はJR古市橋駅の近く
60年近い工場は非常に趣きがあり
工場好きな人にもおススメ!
うーむ、優書会には
金箔加工紙のみならず
趣きのある工場に萌え萌えする生徒さん
絶対いると思うわ~



ってな訳で
早速、ゲットして来た加工紙で
アレコレ遊んでみました
ふふふ…銀箔の暑中見舞いって
より涼しそうじゃない?!
この紙に…写経したらダメかな?!
とか、妄想が広がりまくり~



という訳で~
工場見学希望の方は
歴清社さんまで
問い合わせしてみてくださいね
以下、歴清社さんのサイトより

<開催場所>
歴清社 祇園工場  
広島県広島市安佐南区祇園6丁目1-33
駐車場 約5台分あり
JR 可部線古市橋駅より徒歩9分
バス 広島交通広島経済大学入口より徒歩4分

<開催日時>
2020年8月
月曜日~金曜日 9時~17時
(ご希望日時応相談)
※今年は定期的に開催予定です。

<定員>
1回につき5名(先着順となります)

<お申込み>
Instagram・Facebookメッセージ/メール(office@rekiseisha.com)/電話(082-237-3530)にて承ります。
お名前、参加人数、お越しいただく際の交通手段をお問い合わせください。

営業部 担当:古谷(ふるや)へご連絡くださいませ。



何をどう使うか
全くノープランだけど…
この際、金の屏風を作っちゃおっかな~
なんて妄想しながらワクワクしている
ぱんだ先生なのでした~

クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川町や十日市町界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は十日市町電停徒歩2分程度
〒730-0805 広島市中区十日市町1丁目3−24綿岡ビル4階
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR