fc2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く十日市町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

まさかの!初☆巻頭



創生俳句会で
俳句を楽しみ初めて
気がつけば干支が一回り?!
年に4回発行される季刊誌には
毎月の句会で高評価を頂いた俳句を
投稿していますが~



別に順位は意識せず
その時の気持ち最優先で
好き勝手に投稿しています



そんな好き勝手やってるのに…



な!なんと
今回の創生誌では
所属の七夕部の巻頭に選ばれてました!!




マジか~~?!
ってか、なんで???
ってのか正直な気持ち(^◇^;)



と、同時に
創生俳句会の山口美智代表に
『誕生日は父の命日花は葉に』の句を
共鳴句として選んで頂き
とても素敵な句評を頂戴しました!



巻頭に選ばれたことより
美智代表が
ぱんだ先生の思いに
共感してくださった事が
何より嬉しかった…



ぱんだ先生の実父は
なんと!娘の誕生日に
ご浄土に旅立ちまして…
そこまでしないと
薄情な娘は自分の命日を忘れるとでも
思ったのでしょうか?!



桜の季節を迎える度に
父を囲んで家族みんなで見た
実家の桜の事を思い出しますしね…



いつかこの思いを俳句にしたいと
考えてきました



父を見送った後は
感情が整理出来ていなくて
それこそ感情過多な独りよがりな俳句しか
思い浮かばなくて…
季語も『花散る』『花の冷え』とか
ネガティブなものしか
浮かばなかったのですが
今年4月の句会の兼題の
『花は葉に』
に出会えたおかげで
7年越しの思いを俳句にする事が出来ました



『花は葉に』は『葉桜』の
子季語、言い換えたものですが
『葉桜』を使うより
『花は葉に』という語感から
花は散るけど新しく若葉が芽吹いている
親はご浄土に旅立ったけど
子の人生は新たな局面を迎えた…
って思いが重なったんですよね




美智代表には
父のことは話したことはないのに
自分の言葉に出来ていなかった思いまで
キチンと言語化して下さり…
改めて気持ちに
ふんぎりがついたような気がします



俳句は単に自然現象を写生するだけでなく
季語のチカラを借りて
自分の思いを表に出すことも
出来るんですよねぇ
感情を客観的に見つめる事で
感情が整理できる…そんな感じです



俳句と出会えて、良かった



これからも
四季折々、日々の暮らしや気持ちを
俳句に残して
俳句を楽しんでいきたい
ぱんだ先生なのでした~



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川町や十日市町界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は十日市町電停徒歩2分程度
〒730-0805 広島市中区十日市町1丁目3−24綿岡ビル4階
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR