fc2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く十日市町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

朱墨も硯で磨りますよ!




昨夜のEテレの番組
マジ、良かった~~
録画したDVDは
家宝の永久保存版とします(*≧∀≦*)
見逃した方は
再放送が!!
Eテレ7月21日(土)午前0時から
(金曜日の深夜…ですね)





番組の中で
製硯師の青柳さんが
硯の事を
熱く熱く語る様は
硯好きのぱんだ先生には
たまらなかったっス(*≧∀≦*)
もっともっと語ってもらいたかった~~




青柳さんも言われてましたが
最近の教育現場では
硯で墨を摩る事なく
硯の形をしたプラスチックの入れ物
墨池(ぼくち)に墨液を入れるんですもの(^^;;




その現状は
奈良の老舗墨メーカーの
古梅園の方も嘆いておられましたし…




そんな時代ですが!
優書会では原則、硯で墨を磨ってもらいます!!
生徒さん用の硯は
大筆用には主に中国の羅門硯ですが
仮名や細字を書く時の小さな硯は
中国の端渓硯、きゅう州硯、澄泥硯、陶硯
日本の高知中村硯、岡山勝山硯、宮城雄勝硯など
実は個性豊かな様々な産地のものを
楽しんでもらってます☆




もちろん!
添削用の朱墨も
赤間硯で磨ってますよ~~




ぱんだ先生の甥っ子や姪っ子にも
硯で墨を磨らせてました
子供は硯と墨に興味シンシン!!
意外と上手に磨るんですよ~
昔から
『墨は幼子と病婦に磨らせろ』って
諺があるくらいですからね




墨液は便利で
ドンドン練習出来るから
効率的なように思えますが…
それが逆効果になる事もある!と
ぱんだ先生は思ってます




一枚書いて
納得がいかなくて
すぐに書き直したくなるけど…
そういう時って
冷静じゃないし
実は惰性で書いている事も(^^;;
墨液だとすぐに次の一枚が書けてしまう




確かに…
硯で墨を磨るのは時間がかかり
何枚も練習出来ないけど
その墨を磨る間に
気持ちを鎮めてながら
今書いた作品を眺める…
そうすると次はココに気をつけようとか
客観的に自己批正ができます
お手本を見ながらの練習なら
お手本を眺めながら
手首のスナップを意識して墨を磨れば
ちょうど良いウォーミングアップにもなります!






惰性で何枚も書くより
真剣勝負の一枚!
その真剣勝負の積み重ねが
真の実力になるんじゃないかしら…






あー~
硯と墨の事になると
ついつい熱くなってしまうわ(^^;;






色んな産地の硯を
見て、触って、磨ってみたい方!
ぜひ、お気軽に優書会に来ていただきたい
ぱんだ先生なのでした~






[お知らせ]

まぐまぐ!メルマガを始めました!
登録はこちらから
「とにかく楽しく」書道サロン優書会

明日土曜日朝に最新号発行です☆






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川町や十日市町界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は十日市町電停徒歩2分程度
〒730-0805 広島市中区十日市町1丁目3−24綿岡ビル4階
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR