fc2ブログ
書道サロン優書会
世界遺産の近く十日市町にある大人向け完全予約制書道サロン優書会 「お習字」だけでない「書の魅力」とぱんだ先生こと書道案内人まつだあきこのマイブームを綴ったブログです

今月のレッスン開催予定日時



☆2014年6月よりレッスン時間を一部変更します☆
午前の部  火曜日水曜日
      土曜日(土曜日のみ不定期開催)
10:30〜12:00
午後の部  木曜日14:00〜16:00
      土曜日14:00〜16:00(第3土曜休み・不定期開催)
夜の部   木曜日金曜日17:30〜20:30


・1回のレッスンは最大90分まで


*予約可能な日時のみ表示しております
現在、新型コロナウィルス対策として受講可能者は4名までとしています
*ご予約のご連絡はメールまたは電話にてお願いいたします
予約連絡先 ampikatyu@gmail.com   090-3740-0335
*出来るだけリアルタイムで更新するようにしておりますがご希望に添えない場合もございます
*「受付中」であっても予約が無い場合はレッスンをお休みすることがあります

スポンサーサイト



講座の講師を卒業しました



2011年から担当してきた
筆の里工房での書道講座
『教科書で学ぶ書道』
(最初は『初心者限定習字教室』でした)
今日が最後の授業でした


なんだかんだで13年
たくさんの出会いとご縁をいただき
ぱんだ先生が無事、書道講師へと成長できたのも
筆の里工房で講座を担当させていただけたから!
講座の講師にと声を掛けてくれた
高校の同級生でもある松本学芸員さん
そして講座の受講生の皆さんには
感謝しかありません!!



あ、肩を叩かれた訳じゃないですよ~



今回、ぱんだ先生がワガママを言って
自ら卒業させていただきました




書道の世界では
50代なんてまだまだひよっこ
お嬢ちゃん扱いされてますが~
世間では立派な定年間際の窓際お局ですよ!
ここはヤル気に満ち溢れた後進に
道を譲りたい…と考えてましたら
これまたラッキーな事に
信頼できる大学の後輩が
後任を快く引き受けてくれることに!!



受講生の方々には
急な申し出を戸惑われたようでしたが
ぱんだ先生の思いをお伝えしたら
皆さん、納得してくださって…
それも嬉しかった!
今日も授業終わりに
サプライズで立派なお花や
お餞別の品々を頂戴してしまい…
皆さんのご配慮に感謝!感激いたしました



せっかくなので
現在、ほう古堂の筆の駅ギャラリーにて
展示中のぱんだ先生の作品の下に
飾らせていただきました☆



とはいえ
筆の里工房関連のお仕事を
全て卒業する訳ではなく
美文字指導の美文字職人のお仕事は
引き続き担当致しますので!
よろしくお願い申し上げます



これからは…
優書会十日市教室を拠点に
やりたい事にどんどん挑戦したいですね
まずは!
平安時代の歴史の勉強
とか
写経に関する勉強
とか~



体力気力のあるうちに
書の世界をしっかり楽しみたい
ぱんだ先生なのでした~




















筆の駅ギャラリー10周年



熊野町の老舗筆屋の
仿古堂さんが運営されている
私設観光案内所『筆の駅』
それに併設されている『筆の駅ギャラリー』
今年で開設10周年!


ぱんだ先生も
コロナ禍の最中でしたが
2回も俳句展をさせていただきました!


で、今回10周年を記念した展覧会が開催中
仿古堂の会長さまよりお誘いを受け
ぱんだ先生も出品しております


書道作品と絵画作品と
コーナーごとにまとめて
展示されているのですが~


書道作品は
黒川松寅先生や
小田原正龍先生などの
大御所の先生方ばかり
畏れ多くも
黒川先生の横に
ぱんだ先生の作品が!!



ぱんだ先生は俳句展を開催しましたから
今回も俳句絡みの作品です
俳人松野自得先生の『俳諧の自由』を
サイズを変えて書き上げました



書道も絵画も
それぞれ個性的な作品ばかり
でも、同じ空間にあっても
不思議と違和感が無いんですよ



さすが!仿古堂丹羽会長の
お眼鏡にかなった方ばかり!
あ、ぱんだ先生もその一員だから
自画自賛?!


会期は3月12日まで
ただし水曜日はお休みです
朝10時から夕方4時まで
入場無料です


ぱんだ先生は
2月25日
3月3日
3月8日
3月10日
そして最終日3月12日
の午後2時から4時に在廊予定です☆



お時間のある方は
ぜひ熊野町筆の駅ギャラリーまで
遊びにいらしていただきたい
ぱんだ先生なのでした~


最後の講師作品です



筆の里工房で開催中の
アートスクエア展
前期展には講師として
作品を出品しています

今年度いっぱいで
2011年から担当した講座を
後進に譲ることにしましたので
これが最後の講師としての作品となりました

最後だから
思い切った作品にしたくて
自詠句「油照り遺骨埋もるる爆心地 甘歓」
を題材にして
まあまあ攻めた感じの表現に
挑戦してみました


…ちなみにこの作品
昨年の広島県美展に落選してます…
せっかく頑張って書いたから
こちらでお披露目致しました!


作品のキャプションには
『以前、筆の里工房で開催された
「相田みつを展」をきっかけに
自分の言葉を書きたいと
地元広島の俳句結社で俳句を始めました。
広島の書家、俳人として
日々の暮らしの平和に目をむけた
作品作りを心がけています。』
と、作品制作への思いを記しました


筆の里工房の生徒さん達は
講座の趣旨をしっかり理解して
それぞれが表現したいことに
取り組んでくれました
ひとり一人が違う作品が
ズラッと並んでいる光景は
まさにぱんだ先生の理想…
指導者冥利に尽きますねぇ


ぱんだ先生は
今月の授業を最後に
筆の里工房での講座指導から離れますが…
(あ、美文字指導は引き続き担当します!)



もっと自由に
もっと気楽に
様々なアプローチで
書を楽しむ人が増えてくださるように
優書会での指導を頑張ります!




これからは
受講生として
筆の里工房で学び続けるつもりの
ぱんだ先生なのでした~



看板新しくしました




あっという間に
一月も下旬に…
マジで年々、時間が経つのが早すぎる~~


それはさておき


大家さんのご厚意で
看板を新しくしました!
しかも、更にもう一箇所
掲示場所を増やしてくださいました



ふふふ
目立ちまくるように!と
歴清者の金箔紙に書いてみました



この看板を見て
チラシを持ち帰って
優書会への体験レッスンを
決意なさる方が続出~~なんです
優書会の宣伝までしてくださる大家さん
感謝!感謝でございます!!



今年から
毎月の季語を書いています
道ゆくみなさんに
俳句にも興味を持っていただきたくて…


ぱんだ先生も
俳句の勉強になりますしね☆



という訳で!
今年は原則第3日曜日に
『写経のひととき』開催します!
初心者も大歓迎です
ちょっと写経に興味のある方
ぜひ一度体験してみてくださいませ



大家さんのおかげで
今年も素敵なご縁が広がりそうで
ワクワクしているぱんだ先生なのでした~

令和6年もよろしくお願い申し上げます。




令和6年2024年は
波乱の幕開けとなりましたが…
優書会は15周年という節目の年を迎えました
気持ちも新たに
『とにかく楽しき』を忘れずに
様々なことに取り組んで参ります



今年のぱんだ先生の抱負は…



『原点回帰』




なんという
昨年大きなミッションを2つも成し遂げたら
ちょいと気が抜けたってか
違うステージに上がってしまったってか
なんだか今までとは
見える景色が違うんですよねぇ



これまで15年間
優書会の存続の為
色々と足掻いてきましたが
生徒さんはじめ
たくさんの方々に支えられて
『とにかく楽しく』やってこれました



これからは
優書会を立ち上げた時の気持ちを思い出しつつ
ぱんだ先生のやりたい事を
素直にやっていこう!!
という訳で
『原点回帰』なんです



で!
皆さんに新年早々お願いが…



優書会15周年ってことは
それなりにぱんだ先生も
年齢を重ねてきた訳で…
若い頃には思いもしなかったことが
アレコレ色々と起こるようになりました
という訳で…
今後のより良い運営を考えた上で
十日市教室の運営を一部改正させていただきます


1.毎月第3土曜日はお休み
→更なる俳句のチカラをつけるために
創生俳句会本部の句会に参加する為

2.夜の部は午後8時半まで
→体力低下と家庭の事情により
30分の違いが大きくて…

3.受付人数は最大で4名まで
→生徒ひとり一人の希望を叶える指導は
ぱんだ先生の能力的にも体力的にもこれが限界…


勝手を申しますが
皆さんのご理解ご協力を
何卒よろしくお願い申し上げます。



いつもの暮らしが出来ること
好きな事が出来ることに
感謝しながら
書を楽しんでいきたい
ぱんだ先生なのでした~







令和五年は『成』




十日市教室は23日から
年末年始のお休みをいただいてますが~
出張レッスンや学生への指導
あと、筆耕のお仕事などありまして
ようやく本日、仕事納めとなりました!
年始は1月4日からスタートです☆



さて!
令和5年2023年を振り返りますと…



まず…ダイエット企画からスタートしまして
3ヶ月で10キロ減量!
という目標を
無事達成しました


で、秋には
大学時代の恩師の個展の実行委員という
重要なミッションを仰せつかっていたのですが
こちらも一応、成功に終わり…
2年余り掛けて準備した甲斐がありました!



ぱんだ先生の人生の中でも
なかなかない困難を
二つも乗り越えてみまして
なんていうか
見える景色が変わったような…



そこで思ったのが
『もう、自分に素直になろう
そして、好きなことだけやろう!』
って。
なんていうか…思考を再編成しちゃった感じ。



そして…
好きなこと欲張りついでに
俳句も頑張りたくて
自分の成長につながると信じて
新しい句会に飛び込む事にしました
来年より
これまで在籍した
木もれび句会から
創生俳句会の本部
太田川句会に移籍します☆



…という訳で!
長々となりましたが
ぱんだ先生の今年の一字は
『成』
です

『達成』『成功』『編成』『成長』
振り返れば
大変な事もあったけど
それが大変な事だと分かってなかったから
出来たんだと思います
きっと…ぱんだ先生は
こんな調子でやっていくのでしょうね



そうそう!
年末には
2年前に書道監修のお手伝いをした
映画『こちらあみ子』が
地上波で放送されるという
嬉しい知らせが飛び込んできました!


12月29日25:55
(30日の1時55分)
TSSの地上波で
『こちらあみ子』が放送されますよ~
広島の方は
この機会にぜひご覧くださいませ



この他にも
色々と嬉しいことが
たくさん、沢山あった一年でした
有難い限りですね



さてさて!来年は
書道サロン優書会15周年行事に向けて
自分と優書会の生徒さんの為に
「とにかく楽しく」頑張りたい
ぱんだ先生なのでした~





大河ドラマの予習?!



来年の大河ドラマの舞台は
平安時代!
紫式部が主役!!



恥ずかしながら
歴史に明るくないので
古筆に関わる重要な時代なのに
書道史に関するところしか分かってない…
文学部国文学科卒業なのに
源氏物語もよく分かってない(^◇^;)


なので!
この機会に
平安時代を勉強し直そう…
と思いまして
分かりやすそうな入門書的な書籍を
片っ端から購入してます


あ、いや…
全部読んだわけじゃないんですよ
今から読む為に
まずは資料集め~って感じ



今回の大河ドラマでは
平安の三蹟、藤原行成とか
歌人としても
能書家としても有名な藤原公任とか
書道史に関わりのある人達も
登場するんですよねぇ


で!
改めてというか
いや、まあ、初めてですね
藤原行成についての入門書と
行成の日記『権記』を読んでみると…
これまで勝手に思っていたイメージと
全然違っていました(^◇^;)


行成って書だけじゃなく
有能な秘書官、高級官僚だったのね…
何を今更って感じですが
いかに学生時代に勉強しなかったか(^◇^;)



ま、大河ドラマきっかけで
こうして知ることが出来たから
よしとしましょうかね



優書会の生徒さん達も
源氏物語や古今和歌集をはじめ
牛車やら十二単やら
平安貴族の文化に
興味を持つ人が多いので
ぱんだ先生と一緒に
盛り上がってますよ~



ってか
これだけ大河ドラマに入れ込むのは…
好きな俳優さんがたくさん出演するから!
とにかくミーハーなぱんだ先生なのでした~




頑張ったご褒美に京都へ!



またまた京都日帰り旅をしてきました!
師匠の展覧会のお手伝いを頑張った
自分へのご褒美です~


お目当ては
泉屋博古館で開催中の
『表装の愉しみ』展
観に行かれた方から
良かったよ~と勧められたのと
泉屋博古館自体に行ってみたかったので☆



さすが住友財閥のお宝!
本来、表装は作品を引き立てるもので
美術館で掛け軸があっても
まずは絵や書が目に入るのですが
今回は表装が主役ですからね
まず、作品の周りに目が向いてしまう
ちょっと不思議な展覧会でした



この作品に
この模様や色を組み合わせるかぁ…
とか
表具によって作品の世界観を
より深く表しているなぁ…
とか
じっくりじっくり
何度も何度も
作品を鑑賞してきました!



あと、泉屋博古館は
青銅器のコレクションで有名なんで
そちらはボランティアガイドの方に
詳しく説明していただきました!
動物モチーフの青銅器が
めちゃくちゃ可愛かった!
レプリカがあったら良いのに…


そうそう!
泉屋博古館のお庭の紅葉が
とにかく素敵でした
見事な東山の借景といい
さすが住友財閥!
大富豪の審美眼を堪能いたしました


で!お勉強の後は~
グルメのお楽しみ☆
泉屋博古館近くの
豆花屋さんやドイツパン屋に行ったり
京都中心地の老舗和菓子屋を巡ったり…



約2万歩歩いて
半日思い切り京都を楽しんできました♪



マジで日帰り京都旅良いわぁ~



来年も色々と頑張って
ご褒美旅を楽しみたい
ぱんだ先生なのでした~

三原で着物談義



ぱんだ先生の着物ライフを
全面的に支えてくださっている
三原の呉服永藤さんで
着物のメンテナンスをお願いして来ました☆



あと!
ぱんだ先生の手持ちの着物と帯
どうやって組み合わせたら良いか
かなり困っていて
箪笥の肥やしになりっぱなしの
着物5枚と帯11本を持ち込んで
どうしたら良いか相談に乗ってもらいました



そうしたらですねー
もう戦力外通告だな…
って思っていた着物と帯が
現役バリバリ即戦力!!と判明
一気に使える着物と帯が増えました☆



中には今のぱんだ先生には
可愛すぎる…とか
年齢的にそぐわなくなっている帯も(^◇^;)
若い人向けとジャッジされた袋帯は
姪っ子の振り袖用に譲ることにしました



また、叔母から譲られた羽織を
袋帯にリメイクしたものは
使い易くする為に
更に名古屋帯にリメイクをお願いしました


永藤さんの説明を聞いて
中途半端な知識で
用途を思い違いしていたものや
着物と帯の組み合わせを
勝手に思い込んでいたりして
自分自身で戦力外通告して
箪笥の肥やしにしてだんだなぁと
反省しました!



永藤さんのアドバイスのおかげで
またまた着物ライフが楽しみになりました



更に!
ダイエットしてちょっとスリムになり
誂えた着物が大きくなり
以前とは違う着付けの悩みが生じてるので
永藤さんにオーバーサイズ着物の
着付けのコツを教えていただきました☆



ほんと着物ってサスティナブル!!
年齢や体型の変化にも対応可能だし!



これからも
年齢とTPOに応じた着物ライフを
楽しみたいぱんだ先生なのでした~

クリックお願い☆

ランキングに参加中です!! 広島ブログ

書道サロン優書会

プロフィール

ぱんだ先生

Author:ぱんだ先生
「ちょっと・・・したい」という
 ご要望にお答えしながら
 書道案内人として
 書道の魅力をお伝えしたいと奮闘中!
 本川町や十日市町界隈では・・・
 パンダ好きなあまり「ぱんだ先生」
 と呼ばれています
 優書会で書道体験をしてみたいと
 思われた方は
 <スケジュール>で開催日時をご確認の上
 メールかお電話にてご連絡くださいませ

 メール:ampikatyu@gmail.com
電 話:090-3740-0335(まつだ)

書道サロン優書会は十日市町電停徒歩2分程度
〒730-0805 広島市中区十日市町1丁目3−24綿岡ビル4階
(お越しの際は公共交通機関もしくは
 近隣のコインパーキングをご利用下さい)

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR